Atelier Poirier

天然石を使ったアクセサリーのデザイン・制作をしてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かんざし

今日で2月も終わりですね。

今日はとっても暖かくて、このまま一気に春がやって来てくれたかのようなお天気でした。

あまりにも気持ちが良くて、久しぶりに自転車に乗りながらヘラヘラと笑ってましたよ、ええ。
自転車に乗りながらニヤニヤしている人って結構いますよね(笑)

傍から見てると可笑しいけど、きっと肩で風を切って走る感じが気持ちがいいのだろうなぁと、
自転車を漕ぎながら思ってみたり。


あ、本題からどんどん外れるので、アクセサリーの話。

お客様から結婚式で着物を着るからかんざしを作って欲しいとオーダーをいただきまして。

久しぶりにかんざし作る(というか本格的に作るのは初めてだったりした)ので、若干びびり気味でしたが、形になりました。

blog264.jpg
帯の色がゴールドとのことでしたので、ゴールドとホワイト系の石を中心に作りました。
お着物のポイントカラーが赤なので、赤珊瑚をところどころにあしらってます。

blog265.jpg
おそろいのピンタイプのかんざし。

2つとも髪につけて下さるそうです。どうか良き日となりますように☆

スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 23:22:38|
  2. 新作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Turquoise magic Ⅱ

前回に引き続きターコイズのご紹介。
あと1,2回ターコイズネタでブログが書ける位、作ってます!
今回は長めのネックレスとピアスを。

blog240.jpg
発色のいいターコイズのさざれ石とリバーストーンを組み合わせました。
ブルーとホワイトの組み合わせは大好きで、よく作ります。
トップの石は大ぶりのパイライト。日本名が真鍮石と呼ばれる程なのでメタルっぽい輝きを放ちます。

blog242.jpg
シンプルなオーバルカットターコイズのネックレス。
シンプル過ぎないようにマンテルがアクセントになるように仕上げました。

blog244.jpg
写真のようにアシンメトリーになるように着けてもステキかと。
私はこういう感じで着けるのが好きです。

ターコイズが主役ではなくアクセントになるピアスを作りました。

blog250.jpg
とろんとした風合いのグリーンオニキスとターコイズ。
ブルーとグリーンの色が本当に鮮やかで目を引きます。
このピアスをコーディネートの中心にしたい位、個人的にお勧めです。

blog252.jpg
カットが美しいオーバル型のスモーキークォーツとの組み合わせ。
華奢な長めのチェーンにターコイズを散らすように繋いでます。

ターコイズは個性が強く、アクセサリーによってはカジュアルになりがちで苦手という方は
こういうピアスなんかいいのではと。上記のピアス2点は大人っぽいリュクスな感じなのでお勧めです♫


今日はブルーにちなんだ曲を。

Rio De Janeiro Blueという哀愁を帯びた美しいメロディーの曲です。

歌詞も恋人が去ってしまったという内容で、これまたブルーなんですけどね。

初めて聴いたのは ランディー・クロフォードが歌っているバージョンです。

今日は Fried PRIDEが歌う Rio De Janeiro Blueを。
切なく情感たっぷりに歌ってます。ギターもかっこいいのです↓



  1. 2013/02/19(火) 23:18:53|
  2. 新作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Turquoise magic!

春ターコイズ!と勝手に打ち出し ターコイズのアクセサリーばっかり作ってます。

お友達が「旅に出るからターコイズのピアス作って」と言ったのが始まりで。
ターコイズは旅するときに身につけるとお守り代わりになるそうです。

ターコイズは好き嫌いが分かれるかなと思ってたんですけど、思いのほか人気で←失礼?
そんなわけで沢山のオーダーに応えるべく、日々量産しております。ありがたいことです(^v^)

blog224.jpg
原石の良さを生かしたラフカットのターコイズをワイヤーでデコレイトしました。
小さな石はラピスラズリ。
それだけではシンプル過ぎるかと思い、チェーンを幾重にも繋いでボリュームを出してます。
ネックレスの長さは約45センチ。

blog232.jpg
赤いシルクコードでターコイズとパイライトを編んでます。
このターコイズはアリゾナスリーピングビューティーターコイズ(名前長過ぎでしょ)という種類で、
うっとりする程の美しい水色です。石の大きさは1mm程。とても華奢なピアスです。

blog241.jpg
ターコイズを房状に繋いだボリューミーなネックレス。
もう2度と作れないという程(笑)大変でした、はい。

blog236.jpg
アンティークゴールドの大ぶりなチェーンとオーバルカットのターコイズのシンプルブレスレット。
このブレスレットは人気があってお嫁に行きました。

次回もターコイズシリーズです☆


もうバレンタインデー終わっちゃったんですが、My Funny Valentineをご紹介。
チェットベイカーが歌うのが有名ですが、今回は Nico が歌っているバージョンを。
Nicoっていうとロック色が強いイメージだったので、この曲を歌っているのが意外でした。
がしかし、かっこいいです☆↓ぜひぽちっと!

  1. 2013/02/17(日) 23:57:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月のコラボアクセサリー

毎月 誕生花をイメージして ash room × atelier poirier のコラボレーションアクセサリーを展開しています。

2月の誕生花はフリージア。
フリージアと言っても色も形も様々なので、どういうテイストで作ろうか迷った末、2月の誕生石でもあるアメジストを取り入れることに。

february1.jpg
真ん中の石のライトアメジストに加え、ピーチムーンストーンやピンクトパーズと組み合わせることで
春らしい、そして女性らしい感じに仕上がってます。

february3.jpg
おそろいのピアス。石を多めに使っているのでシンプルに。
イアリングにも変更可能です。



そして色とりどりのVフックピアスも納品しました。色んなカラーを取りそろえてます☆

blog228.jpg

blog227.jpg
ミルキーな色合いのブルーカルセドニーを使ったピアス。


blog230.jpg
ラピスラズリのシックなピアス。写真のように小さな石のチャームは取り外し可。

blog226.jpg
美しいカットが施されたライトアメジスト。

全て ash roomで取り扱ってますので、ぜひ遊びに行ってみて下さいね!




もうすぐ春ということで、個人的に春に聴きたいアルバムを紹介します♪

私の大好きなハービー・ハンコックと笠井紀美子がタッグを組んだアルバム。

ハービー・ハンコックの名曲を笠井紀美子がメロウに歌い上げていて、
今聴いても古さを感じさせないどころかむしろ新鮮。ジャケットもファンキーでかっこいいです。

I thought it was you もハービーのオリジナルよりもアップテンポでポップな感じだし、
Maden Voyage もしっとりとしていて好きです。というか Maden Voyage に歌詞が付いてたというのが驚き。インストしか聴いたことなかったので衝撃的でした。
一番お勧めはアルバムのタイトルにもなっている「Butterfly」
春の午後に、惰眠を貪りながら聴きたいです(笑)気だるくてセクシーです↓ぽちっと、ぜひ♡


  1. 2013/02/07(木) 23:21:29|
  2. 新作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Spring Collection ピアス編

前回に引き続き、Spring Collection のご紹介です。

マルチカラーのピアスを沢山作っているところです。
どの色の石を組み合わせようか、どんなフォルムにしようかと考えるだけでわくわくしてきます。
春なので、少し位派手な方が気分も上がっていいかなと思います。

blog215.jpg
2mm程のボタンカットの石を組み合わせたピアス。金平糖みたいで可愛らしいくて気に入ってます。
花は degas で買ったラナンキュラス。

blog180.jpg
こちらも2mmの丸玉を組み合わせたポストタイプのピアス。
耳のキャッチ部分と繋がっていて、耳たぶを包むようなデザイン。

blog207.jpg
大ぶりなチェーンが印象的なロングピアス。
左がパロットグリーンカルセドニー、右はピンクカルセドニー。

blog216.jpg
瑞々しい程の青をたたえたアパタイト。
そして反対色のレッドコーラルを組み合わせました。

blog208.jpg
チェーンが石の下で揺らめくデザイン。石は淡い黄緑色のプレナイト。

今回ご紹介したものは全て糸島のDOVERにて販売しています。

DOVERも春らしい花瓶や雑貨がいっぱいです。ドライブがてら是非!!


最近音楽ネタを書いてなかったので、今回は私の2012年で一番お気に入りのCDを紹介します。

Sachal Jazz Orchestraと言いまして、パキスタンの伝統音楽や映画音楽制作に大きな貢献を果たしてきたラホールのサッチャル・スタジオ専属オーケストラらしいのですが。

デイヴ・ブルーベックの Take 5 をインドの古典楽器シタールやタブラで演奏していて、
ジャズ meets インドって感じでしょうか。
もしくはラヴィ・シャンカールとマーティン・デニーを足して2で割ったとも言うべきか。

ぽちっと押して聴いてみて下さい。カレー風味な TAKE 5!!

  1. 2013/02/01(金) 15:15:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。